プロフィール

茶遊(ちゃゆう)サロン

Author:茶遊(ちゃゆう)サロン
台湾茶・中国茶教室『茶遊サロン』主宰 前田久美子と申します。
中国茶って、おいしくて、健康にも美容にも良くって、身体も心もリフレッシュさせてくれるんです!
中国茶をのんびりゆったりまったりほっこり飲むこの贅沢な癒しのひとときを楽しんでいます。
中国茶を飲みながら茶文化や入れ方,効能,茶器,中国茶芸,歴史,中国文学など一緒にお茶べりしてみませんか。
中国茶教室 、お茶会のお申込み、ワークショップ、セミナーのご案内はプロフィール
今月の中国茶講座のご案内でご紹介しています。
【お問い合わせ】
E-mail
chayusalon@chayu.asia

メールフォーム
お問合せ・お申込み・ご感想をお待ちしています

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
人気の展覧会
ブロとも一覧

台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

四季彩

小さなアトリエ
最新トラックバック

寝屋川岩茶今年はどんなお味!?

去年初めて姉の家にお茶の木があるのを発見!
樹齢35年以上で無農薬。
野生茶樹。(一言で言うとほったらかし
去年は岩茶製法で仕上げて教室の皆さんにも飲んで頂きました。
そして去年は茶摘みの途中で雨が降って来たので
「五月雨岩茶」と命名しました。

今日は良いお天気で茶摘み日和なり~(o~-')b

寝屋川ヤブキタ岩茶仕上げ寝屋川ヤブキタ岩茶仕上げ

すぐそばに椿の木がありました。
お茶の葉とツバキの葉を比べてみます。

寝屋川ヤブキタ岩茶仕上げ

よく似ていますが、椿は学名が「Camellia japonica」で
お茶は「Camellia sinensis」です。
花も実も似ていますが、葉っぱが違いますね。
よ~く透かして見ると椿の葉脈は白い!(@_@)
お茶の葉脈は白くない。
限りなく葉っぱの色に近い色をしている。

しばらく置いてても椿の葉っぱは萎れてこないしね。

目に青葉。
緑が綺麗です。

はらんきょうの実がなっていました。
紅葉も緑と赤が対照的で美しい。
つつじも満開です。
さわやかな五月晴れ。

はらんきょう野村紅葉
つつじ

では、ただいまより製茶始めます。

日光萎凋(にっこういちょう)(茶葉をしおれさせ、酸化発酵を促します)開始。

寝屋川ヤブキタ岩茶仕上げ寝屋川ヤブキタ岩茶仕上げ
寝屋川ヤブキタ岩茶仕上げ寝屋川ヤブキタ岩茶仕上げ

ダイヤモンドのような水滴が出てきていました。

茶葉の水分を飛ばします。
ここでしっかり水分を飛ばしておかないと揺青しても花香が出ないことを去年の五月雨岩茶で経験しました。
量が少ないので万遍なく表も裏も晒青します。

涼青(日陰萎凋)、揺青(ようせい)を繰り返して花香が出るのを確かめながら。
炒青(しょうせい) ホットプレート(今回は60度にしました)で悶炒(茶葉を押すこと)と揚炒(茶葉をふんわりとほぐすこと)を繰り返します。

寝屋川ヤブキタ岩茶仕上げ寝屋川ヤブキタ岩茶仕上げ

揉捻(じゅうねん) 茶葉を手前から向こうへ転がすように。
優しくそしてしっかりと。
包揉(ほうじゅう) ボーリングの球位ぎゅうっとしっかりと丸める。

寝屋川ヤブキタ岩茶仕上げ寝屋川ヤブキタ岩茶仕上げ

烘干(こうかん) オーブンを使おうかと思いましたが、今回はホットプレートで120度~130度で10分で茎を折ってみてパキッと折れたので仕上がりとしました。
「五月晴れ岩茶」と命名しました。(o~-')b

寝屋川ヤブキタ岩茶仕上げ

試飲です。
一口飲んだ感想は?
韓国で買った発酵茶に似てました。
明日飲み比べてみようかな。

【岩茶の作り方】
晒青(萎凋)→作青(涼青・揺青)(発酵)→炒青・殺青(酵素を止める)→揉捻(発酵)→烘干(乾燥)→仕上げ

今回は「開面採」(かいめんさい)ではなく、一芯二葉、一芯三葉で製茶したので揉捻を軽めにしてみました。

今年は茶摘みが続きます。
京都宇治茶、宇治白川、加茂、和束…
どんなお茶ができるのか今からワクワクです。

ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければ、コチラをぽちっとクリックお願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村(中国茶・台湾茶)
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪府情報へ
にほんブログ村(大阪情報)
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 枚方情報へ
にほんブログ村(枚方情報)

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

コメント

Secret

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
今日の天気は?

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる