プロフィール

茶遊(ちゃゆう)サロン

Author:茶遊(ちゃゆう)サロン
台湾茶・中国茶教室『茶遊サロン』主宰 前田久美子と申します。
中国茶って、おいしくて、健康にも美容にも良くって、身体も心もリフレッシュさせてくれるんです!
中国茶をのんびりゆったりまったりほっこり飲むこの贅沢な癒しのひとときを楽しんでいます。
中国茶を飲みながら茶文化や入れ方,効能,茶器,中国茶芸,歴史,中国文学など一緒にお茶べりしてみませんか。
中国茶教室 、お茶会のお申込み、ワークショップ、セミナーのご案内はプロフィール
今月の中国茶講座のご案内でご紹介しています。
【お問い合わせ】
E-mail
chayusalon@chayu.asia

メールフォーム
お問合せ・お申込み・ご感想をお待ちしています

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
人気の展覧会
ブロとも一覧
最新トラックバック

韓国茶文化の旅 2日目

韓国茶文化の旅 2日目

朝一番に【広蔵市場】へ向かいます。

韓国の伝統衣装韓服(チマ・チョゴリ)を作って頂くために。
今月末のお茶会は全員韓服おニューなのです♪♪♪

市場の階段をあがって行くと何階だったか忘れちゃいましたが、この階は韓服のお店がずらずらずら~り。

韓服の生地と韓服が所狭しといっぱい置かれています。

この日行ったお店は韓国茶道の先生が以前一度作られたお店のようです。

カウンターに8名が座るとそれぞれ一人ずつにささっとチマ・チョゴリの布地を出してきました。
すごいですね。
一目見ただけで「この人はこの色!」ってわかるんですね。
私はあらかじめイメージしていた色がありましたが、出してこられた布地は私が考えてもいない色でした。
驚きです。
一目で気に入りました。
出来上がるのが楽しみです。

先生方のチマ・チョゴリもお一人ずつ違いますが、それぞれにピッタリの色です。
すごい!本当にすごい!
さすがです。

2時間程で全員の寸法取りも終わって一安心すると空腹感が襲って来ました。
「お腹空いた~。」

社長さんに近くでおいしいお店がないかと尋ねたら案内してくれてご馳走してくれました。
毎日お昼はこちらで食べているそうです。

【広蔵市場】から少し歩いた市場の中でおばあちゃんが一人でしている食堂です。

まずはマッコリで乾杯!
私はお酒が飲めないのでわかりませんが、皆さんの感想を聞くとここのマッコリはおいしかったそうです。

【広蔵市場】食堂【広蔵市場】食堂

この左端のお皿のが忘れられない。
これもキムチって言っていいのかな。
お箸を置いているお皿のものです。
おいしくておいしくて私一人で3皿ぺろりでした。
   
【広蔵市場】食堂

11時頃にお店に来て1時間程で私達はこちらのお店のいつものお昼用に用意しているものをすべて食べつくしてしまったようです。

出していただいたお料理すべて美味しすぎて
あまりにおいしすぎて勢いよく食べたので写真がありません。

おばあちゃんが「もうなくなった!」と困ってます。
「どんだけ食べるねん!」とは言われませんでしたが。

娘さんに(たぶん娘さんだと思う)電話して応援を頼みました。

娘さんは高菜のような葉っぱを一枚ずつ剥がしながら漬けていってます。
私一人で3皿は食べたと思われるお漬物をにこにこしながら漬けていってます。
すみません。
美味しすぎて。<(_ _)>

さすが地元の方が毎日食べに行ってるというだけのことはありますね。

満腹になってから、近くの市場をうろうろして、仁寺洞(インサドン)へ移動。
仁寺洞でポジャギ用の布地と韓国伝統の紙「韓紙(ハンジ)」を購入。

その後、踏十里古美術通りへ向かいます。

1軒ずつ見て回るのは楽しいですね。
李朝家具や工芸品、美術品が総動員の骨董街です。

高いもの、高いもの、高いものばかりで目の保養。
そんな中に「えっ!」と思うようなお手頃価格のお気に入りが見つかるかも。

この子と眼と眼が合っちゃいました。

踏十里古美術通り

この子はホテルでの夜のお茶会の時にデビューします。
夜のお茶会は、もちろん中国茶です。(o~-')b うっふっふ。

ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければ、コチラをぽちっとクリックお願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村(中国茶・台湾茶)
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪府情報へ
にほんブログ村(大阪情報)
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 枚方情報へ
にほんブログ村(枚方情報)

テーマ : 韓国旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
今日の天気は?

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる