プロフィール

茶遊(ちゃゆう)サロン

Author:茶遊(ちゃゆう)サロン
台湾茶・中国茶教室『茶遊サロン』主宰 前田久美子と申します。
中国茶って、おいしくて、健康にも美容にも良くって、身体も心もリフレッシュさせてくれるんです!
中国茶をのんびりゆったりまったりほっこり飲むこの贅沢な癒しのひとときを楽しんでいます。
中国茶を飲みながら茶文化や入れ方,効能,茶器,中国茶芸,歴史,中国文学など一緒にお茶べりしてみませんか。
中国茶教室 、お茶会のお申込み、ワークショップ、セミナーのご案内はプロフィール
今月の中国茶講座のご案内でご紹介しています。
【お問い合わせ】
E-mail
chayusalon@chayu.asia

メールフォーム
お問合せ・お申込み・ご感想をお待ちしています

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
人気の展覧会
ブロとも一覧

台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

四季彩

小さなアトリエ
最新トラックバック

Tibet タンカ展 『観音菩薩 開眼のひととき』

Tibet タンカ展
◆絵師:ウゲン・ナムゲン◆

アーティスト達による一夜限りのコラボレーション
『観音菩薩 開眼のひととき』Art×華/舞/音


昨年の11月3日より、高野山で描き始めた観音菩薩像の開眼の瞬間を音楽と華と舞がコラボして見ることができるというイベントに行って来ました。

Tibet【タンカ展】(絵師:ウゲン・ナムゲン)Tibet タンカ展 『観音菩薩 開眼のひととき』絵師:ウゲン・ナムゲン

会場は六甲シャンティすぽっと(サラシャンティ)、六甲八幡神社のそばにあります。

Tibet タンカ展 『観音菩薩 開眼のひととき』

絵師:ウゲン・ナムゲンさんが最後の目の部分を描き始めます。

Tibet タンカ展 『観音菩薩 開眼のひととき』

民族楽器奏者の奈良裕之さんの演奏が始まります。

Tibet タンカ展 『観音菩薩 開眼のひととき』

そして、華道家の片桐功敦さんがお花を生け始めました。

Tibet タンカ展 『観音菩薩 開眼のひととき』

ウゲン・ナムゲンさんが描き終えると、ダンサーのMinaluさんが舞を奉納されました。

『開眼とは、新造の仏画や仏像の最後の仕上げとして像に眼を点じることをいい、これによって初めて像自体が仏性の器となる』のだそうです。

完成した観音菩薩様を間近で見せて頂きましたが、思わずその美しさに息を飲む思いがしました。

ありがとうございました。

ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければ、コチラをぽちっとクリックお願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村(中国茶・台湾茶)
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪府情報へ
にほんブログ村(大阪情報)
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 枚方情報へ
にほんブログ村(枚方情報)

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメント

Secret

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
今日の天気は?

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる