プロフィール

茶遊(ちゃゆう)サロン

Author:茶遊(ちゃゆう)サロン
台湾茶・中国茶教室『茶遊サロン』主宰 前田久美子と申します。
中国茶って、おいしくて、健康にも美容にも良くって、身体も心もリフレッシュさせてくれるんです!
中国茶をのんびりゆったりまったりほっこり飲むこの贅沢な癒しのひとときを楽しんでいます。
中国茶を飲みながら茶文化や入れ方,効能,茶器,中国茶芸,歴史,中国文学など一緒にお茶べりしてみませんか。
中国茶教室 、お茶会のお申込み、ワークショップ、セミナーのご案内はプロフィール
今月の中国茶講座のご案内でご紹介しています。
【お問い合わせ】
E-mail
chayusalon@chayu.asia

メールフォーム
お問合せ・お申込み・ご感想をお待ちしています

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
人気の展覧会
ブロとも一覧

台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

四季彩

小さなアトリエ
最新トラックバック

中国茶藝師『茶遊サロン』6月のご報告とお知らせ 堺市アミナス北野田

~お茶の旅人 中国茶藝師 『茶遊サロン』 のご報告とお知らせ~

6月の堺市 アミナス北野田
『茶遊サロン 中国茶を楽しむ講座』 の「ご報告」と「お知らせ」です。

まず、 「お知らせ」 の方からです。

『茶遊サロン 中国茶を楽しむ講座』 は、
茶館ではめったに飲めないような貴重な中国茶や、
季節ごとの新茶などを
毎回 3種類 飲み比べて楽しんでまいりました。

が、8月から講座の模様替え をします。

『茶遊サロン』のコンセプトの原点に戻って(^_-)-☆

『茶遊サロン』 のコンセプトって!?

「中国茶をのんびりゆったりまったりほっこり飲む
この贅沢な癒しのひとときを楽しんでいます。
中国茶を飲みながら、
中国茶や茶文化や歴史、中国文学など
お茶べりする仲間がいっぱい増えるといいな。」


これが、『茶遊サロン』を始めた原点 でした。

今後もこの気持ちを忘れないようにして、
皆様に楽しんでいただける講座にしていきたいと思います。
講座の内容もどんどん高めて行きたいんです。

パソコンのインストラクターと同じですね。
ここ何年かは、PCインストラクターの講座は再就職支援のパソコン講座がほとんどですが、
就職活動をしながら、いろんな技術を磨いていく講座です。
国家試験が目的のコースだったり、生産技術を身に付けるコースだったり、
この就職氷河の時代に再就職の朗報を聞くと飛び上がって万歳!と叫びたくなりますね。
思わず「おめでとう!」って、抱きしめたくなるほど嬉しくなります。

私が初めてPCインストラクターになった頃、
いつも心に思っていたことは
「教えて差し上げる」 という気持ちを忘れないこと。
これは、当時の私の師匠が教えてくれた言葉です。
今も一番好きな講座は、
初めてのパソコン教室!みたいな講座が一番好きですね。
一緒に感動できるから、最高に楽しいです。

お茶も同じですよね。
今日改めてそう実感しました。

楽しく教えて、楽しく学ぶ。
笑顔で教えて、笑顔で学ぶ。


楽しいとどんどん吸収しますもんね。
教えて差し上げたいから、こちらもどんどんスキルアップしようとする。
勉強しても、勉強しても、ゴールがない。
だから、おもしろいのかもしれませんね。

中国茶の世界も同じです。
奥が広くて、まるで、武夷山の霧の中を進んでいるがごとく。
ゆえに楽しぃ~~~のです。

では、「お知らせ」 の発表です。

日 時 2009年8月23日(日) (定員12名様)
        午後14時~15時半
場 所 堺市立 東文化会館 (アミナス北野田)3F 講座室1
受講料 ご受講お1人様2000円

 ☆『茶遊サロン 中国茶を楽しむ講座』☆
~ 2種類の中国茶の飲みくらべ + 茶文化講座 


もちろん、その2種類の中国茶は、茶藝師が自信を持ってお勧めする中国銘茶です。

のんびりゆったりまったりほっこり楽しくお茶べりしながら、
中国茶の基礎知識から、中国茶の起源と歴史、日本への伝播、中国茶の種類、中国茶の効能、中国茶と日本茶との違い、おいしい中国茶の選びかた、保存方法、淹れ方、茶器の選び方 まで

中国茶文化を楽しみましょう。

こんな時間って、とても贅沢ですよね。
でも、自分にこの贅沢な癒しのひとときをプレゼントできるなんて、
なんて、なんて、素敵なことじゃないでしょうか?
自分にやさしくなれたら、人にもやさしくなれませんか?

そして、そして、

ご家族やお友達にあなたも茶藝の腕前を披露してみてはいかがですか?
ちょっと自慢げに(^_-)-☆

『茶遊サロン』の茶ムリエが、季節やお料理に合う中国茶もアドバイスしますよ。
そして、今日から、あなたも 茶(ちゃ)ムリエ デビュー!

中国茶の基礎知識さえあれば、おいしく中国茶を毎日飲めますよ。

中国茶を飲みながら、
いつのまにか基礎知識がついてくるような講座にしたいなって思っています。

基本は、
「中国茶をのんびりゆったりまったりほっこり飲む」ですよ。
(*^^)v


では、6月28日(日)の
ご報告 を致しますね。
南海高野線 北野田駅 アミナス北野田3Fにて
中国茶講座  6月の 『茶遊サロン 中国茶を楽しむ講座』 無事終了致しました!
皆様、本当にどうもありがとうございました。<(_ _)>
(^人^)感謝、感謝っっ♪です。

アミナス北野田の6月のお茶会は、高山茶でした。
標高1000m以上の高山が育む極上の香りを楽しみましょう♪

◆「阿里山高山烏龍茶」◆(ありさん こうざん うーろんちゃ)
<産地>台湾嘉義県阿里山 標高1200m~
<茶葉の特徴>1980年代以後に開発され、深い甘みを持ち、花のような香りと清涼感のあるすっきりした味わいと花のような甘い香りが特徴。戻り香りも大変甘いです。

「阿里山高山烏龍茶」

陶器食器店 「a new sprout」で買った茶海(ちゃかい)
(世間では片口酒器ともいう(^_-)-☆)
高山茶なんで、聞香杯と茶杯で楽しみます。
吉野くず餅とご一緒に(^v^)

陶器食器店 「a new sprout」で買った茶海(ちゃかい)

「阿里山高山烏龍茶」の茶葉です。

「阿里山高山烏龍茶」

◆「梨山高山烏龍茶」◆(りさん こうざん うーろんちゃ)
<産地>台湾台中県梨山 標高2000m以上
<茶葉の特徴>
1980年代以後に開発され、海抜2000m以上の高い山に茶園があるため「高山茶」の中でも、最も高級と言われる茶葉のひとつです。梨、水密桃などの果樹の産地でもある梨山のお茶は、それらのフルーツの味わい、あるいは香りを溶かし込んだような独特の風味があるとされ、馥郁とした味わいと、蘭の花のような甘い芳醇な味が特徴です。戻り香も甘いです。

梨山高山烏龍茶

宜興(ぎこう)の茶壷で淹れるとまた格別の茶の香り♪

梨山高山烏龍茶

右が梨山、左が阿里山の茶葉です。
「どっちがどっちかわからんわぁ」
「盛り過ぎ!」<(_ _)>「すんまへ~ん」

右が梨山、左が阿里山

◆「屯原高山烏龍茶」◆(どんげん こうざん うーろんちゃ)
<産地>台湾台中県廬山 標高1700m以上
<茶葉の特徴>標高1700m以上の作ったお茶。日本では手に入らない貴重なお茶です。
深い甘みを持ち、馥郁とした味わいと、蘭の花のような甘い芳醇な味が特徴です。

「屯原高山烏龍茶」

「屯原高山烏龍茶」の茶葉です。

「屯原高山烏龍茶」

屯原高山烏龍茶(どんげん こうざん うーろんちゃ)は、蓋碗でたっぷりと頂きました。

屯原高山烏龍茶

私は、梨山が一番おいしいな~ 「一服どうぞ。」「ありがとう」
目で楽しんで、香りを聞いて、             「一服どうぞ」「ありがとう」
私は、梨山が一番好きかも~(^v^)          なかよし(*^―^)人(^―^*) こよし

「あつっ!あつぅ!」  あ~、おいしい
「おいしいね。」「うん、あつっ!あつぅ!」(*^_^*)   「あ~、おいしい」(^-^)

「みんなで記念撮影。はい、チーズ♪o(^-^)o♪ 
みんなで記念撮影。「はい、チーズ」♪o(^-^)o♪

今月のサプライズ、もう1種類。
◆「安吉白茶」◆(あんきつしろちゃ)(浙江省湖州市安吉県)

「安吉白茶」

葉っぱがゆらゆらゆら♪

「安吉白茶」

「安吉白茶」

今、私のを奪っているお茶です。
緑茶なのに白茶って名前がついてるんです。

一煎目は、清楚に出現します。
可憐さを装ってます。
両手で茶杯をそうっと持ち上げると
「私の香りを聞いて、聞いて」って上目づかいにみつめられます。

二煎目では、白茶のように透明感を見せながら
「私は緑茶!」って主張して
ぐい、ぐいっと惹きつけます。

三煎目で、凛として「私は「安吉白茶」と申します。」と言う声が聞こえてきます。

これって飲んだ人にしかわからないんですよね。
だから飲ませたいって思うのかも。
これは、私の嗜好だから、みんながみんな同じ思いになるとは限りませんよ。

私の嗜好の押し付けで~す。

今日の 高山茶
「阿里山高山烏龍茶」が一番!
「梨山高山烏龍茶」が一番!
「屯原高山烏龍茶」が一番!
って、みなさんそれぞれ好きなお茶わかれましたからね。o(^▽^)o


◆「安吉白茶」◆(あんきつしろちゃ)(浙江省湖州市安吉県)

安吉白茶は、とても高級なお茶。
自分にご褒美のゆとりのティータイムのひとときを。
ゆっくりまったり飲むことをおすすめします。

アミノ酸は通常の緑茶の3倍以上、免疫力強化、体内の脂肪燃焼、ダイエットにも強い味方。国際銘茶コンテストで金賞受賞。

「安吉白茶」の茶畑は、海抜800mくらいのところにあります。
安吉県内の山奥でただ一本の茶樹が発見されました。
名前は「安吉白茶」と言いますが、中国茶の分類では緑茶になります。
白茶樹の色も、普通の緑茶の茶樹よりは色が薄いです。
一番不思議なことは、清明前、茶葉の色が薄い灰色(白っぽい)で、
穀雨に入ってから色はだんだん緑に変わっていきます。

しか~し!!!
安吉白茶の摘む周期は一ヵ月くらいしかないんです。
だから、だから、とっても貴重なお茶なんです。
もちろん、色も姿も形も味も素晴らしい。
後味もよし。

これは、飲んでみないとわからない。
飲んだらきっとわかります。

安吉白茶は、通常の緑茶に比べると何とアミノ酸が3倍以上もあると言われています。
免疫力を高めてくれて、体内の脂肪を燃焼しやすく、健康にも良くて、
ダイエット効果も期待できるとかで最近は若い女性のファンが増えたそうですよ。

お茶の水色は、黄金色。
凛とした茶葉から、貴賓を感じます。

一煎目、二煎目、三煎目までのんびりゆったりまったりほっこり飲んで、
それから薔薇の花で楽しんでから、杭州白菊などもいれてみて下さい。

杭州白菊は、目の疲れに効果あり。
薔薇の花は、美容効果大です。


こうしてのんびりゆったりまったりほっこり中国茶を飲む時間って、本当に贅沢だなって思います。
ちょっぴり忘れかけていた心のゆとりや、やさしさを思い出させてくれますよ。

「安吉白茶」で清楚なやさしい気持ちを思い出させてもらいました。
(^人^)感謝、感謝♪

さてさて、
南海高野線 北野田駅 アミナス北野田3F
中国茶講座  7月の 『茶遊サロン 中国茶を楽しむ講座』

3種類のお茶の飲み比べの最終講座となります。

7月の3種類のお茶は、当日まで ひ・み・つ♪(^_-)-☆

「○○○・・・」のところに、思い浮かぶ言葉を入れてみて!

◆「○○○○○○○○」◆
  ①美人になる
  ②健康になる
  ③運気がアップする
これを1年に一度は飲まなければ(食べなければ?)、
人生損をしますよぉ~

◆「○○○(○○)」◆
1年中、あなたの心をぐっさぐっさわしづかみします。

◆「○○○○(=○○○○)」◆
中国民族茶藝を披露します。
このお茶を知ってるあなたは、かなりの中国○○通です。


日 時 2009年7月26日(日) (定員12名様)
     午後14時~15時半
     (毎月 第4日曜 14時~15時30分)
場 所 堺市立 東文化会館 (アミナス北野田)3F 講座室1
受講料 ご受講お1人様2000円 (3種類のお茶とお茶菓子付き)


講師の紹介 『茶遊サロン 中国茶を楽しむ講座』
講師:茶遊サロン 専任講師 博物館学芸員
財団法人 日本書藝院 無鑑査会員
中国政府公認茶藝師 前田 久美子
Blog:『卓上の雑技団-TEACHA-中国茶藝師』
http://chayusalon.blog67.fc2.com/

【お申し込み、お問い合わせ】
Mail:chayusalon@chayu.asia

7月はラストの3種類の中国茶の飲み比べですが、
ただの飲み比べだけではなくて
自分だけの○○○を作って、美容、健康、運気をアップ!

パーティ感覚で、男女関係なく、大人からお子様まで楽しめますよ。
お友達も誘ってぜひ、いらして下さいませ。

絶対、楽しんで頂けますよ。

そして、8月からは芸術の秋に向けて、茶文化講座で楽しくお茶べりしましょう♪
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
                                     お茶の旅人より

テーマ : 紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
今日の天気は?

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる