プロフィール

茶遊(ちゃゆう)サロン

Author:茶遊(ちゃゆう)サロン
台湾茶・中国茶教室『茶遊サロン』主宰 前田久美子と申します。
中国茶って、おいしくて、健康にも美容にも良くって、身体も心もリフレッシュさせてくれるんです!
中国茶をのんびりゆったりまったりほっこり飲むこの贅沢な癒しのひとときを楽しんでいます。
中国茶を飲みながら茶文化や入れ方,効能,茶器,中国茶芸,歴史,中国文学など一緒にお茶べりしてみませんか。
中国茶教室 、お茶会のお申込み、ワークショップ、セミナーのご案内はプロフィール
今月の中国茶講座のご案内でご紹介しています。
【お問い合わせ】
E-mail
chayusalon@chayu.asia

メールフォーム
お問合せ・お申込み・ご感想をお待ちしています

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
人気の展覧会
ブロとも一覧

台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

四季彩

小さなアトリエ
最新トラックバック

岩澤重夫展─日本の心を風景に描く─前期

岩澤重夫
─日本の心を風景に描く─

【前期】平成27年10月3日(土)~12月6日(日)
【後期】平成27年12月12日(土)~平成28年3月21日(月)
【開館時間】午前10時~午後5時
会期中無休
相国寺承天閣美術館
http://www.shokoku-ji.jp/top.php
京都市上京区今出川通烏丸東入ル。
地下鉄烏丸線「今出川」3番出口より徒歩8分。
TEL:075-241-0423

岩澤重夫展

本日前期展へ行って来ました。

念願の鹿苑寺(金閣寺)の障壁図を見て来ました。
プラチナの部分は2009年に完成してから現在でこの色合いですが
20年経つと変わるそうです。
そして20年後の変化も見据えて描かれているそうです。

障壁図は前期・後期半年間展示されるそうですが、
それ以外は後期作品と入れ替わるそうです。

大きなサイズの作品は近くで見ると5センチ四方の大きさでも完成度が素晴らしく
遠く離れて見るとその5センチ四方の集合体が大画面で大迫力の作品になります。
風が出て音が響き光が刻々と動きます。
近づいたり離れたりして見ていると、
その一部分をトリミングしたような世界がまた現れて来ます。

緑、緑、緑、青、青、青、そして私の好きなラピスラズリの世界に移動します。

雪解けの『凍韻』や『北山雪渓』の水の音、
『天水悠々』や『天水』の水の音、
あちらでもこちらでも時には優しく、時には激しく音を鳴らす。

『昇る太陽』はどうしてもその位置でないと駄目だと言うことで
命綱をつけて危険な場所に降りて描かれたのだとか。

『朝』は京都の鴨川かと思ったら日田市なのだそうです。
良く見ると屋根の部分が藁ぶきのような感じで鴨川の風景ではないと気が付きました。
この作品は一つの転機の作品であるとご子息岩澤有徑(いわさわありみち)氏が説明して下さいました。
岩澤重夫画伯の祖父岩澤重郎氏と師匠の堂本印象画伯が亡くなりこの後画風が変わって行ったそうです。

師匠亡き後が『朝』でそのあとが『海苑』へと続きます。
『高知の海』の絵が『海苑』の下絵なんだそうです。
『高知の海』を見て、もう一度『海苑』を見ると
「見えました!」

最後の日展出品作の『天水』について有徑氏は
「岩澤画伯の全ての滝を総観した理想の滝」を書いているのではと想像されているのだそうです。

誰にも描けない岩澤重夫画伯の滝なんでしょうね。

後期も楽しみです。

【関連サイト】
相国寺承天閣美術館

ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければ、コチラをぽちっとクリックお願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村(中国茶・台湾茶)
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪府情報へ
にほんブログ村(大阪情報)
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 枚方情報へ
にほんブログ村(枚方情報)

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

コメント

Secret

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
今日の天気は?

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる