プロフィール

茶遊(ちゃゆう)サロン

Author:茶遊(ちゃゆう)サロン
台湾茶・中国茶教室『茶遊サロン』主宰 前田久美子と申します。
中国茶って、おいしくて、健康にも美容にも良くって、身体も心もリフレッシュさせてくれるんです!
中国茶をのんびりゆったりまったりほっこり飲むこの贅沢な癒しのひとときを楽しんでいます。
中国茶を飲みながら茶文化や入れ方,効能,茶器,中国茶芸,歴史,中国文学など一緒にお茶べりしてみませんか。
中国茶教室 、お茶会のお申込み、ワークショップ、セミナーのご案内はプロフィール
今月の中国茶講座のご案内でご紹介しています。
【お問い合わせ】
E-mail
chayusalon@chayu.asia

メールフォーム
お問合せ・お申込み・ご感想をお待ちしています

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
人気の展覧会
ブロとも一覧

台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

四季彩

小さなアトリエ
最新トラックバック

普洱茶の飲み比べ

普洱茶の飲み比べ

『美味しく淹れたい』

先日、お茶を淹れている時に聞かれた。

「お茶を淹れている時何を考えているの?」

「景色が見えるんです。」と答えた。

お茶が出来るまでの景色が見える。
知っている人が作っていると毎日の仕事ぶりまでもが見える。
知らないところは自分の知っている知識の中で見えてくる。

小説でもそうです。

魯迅の『故郷』が冒頭でセピア色からカラーに変わって来ます。
山や家や畑、川、人々が色鮮やかに動いて見えます。

最初『狂人日記』『阿Q正伝』を翻訳で読んで魯迅も近代文学も嫌いになった。
その後、辞書を引き引き原文で『孔乙己』『藤野先生』『故郷』を読んで初めて魯迅の素晴らしさを知った。

縁あって目の前に来たこの素晴らしいお茶を美味しく淹れたい。

お茶のことももっともっと知って、きちんと伝えたい。
お茶を好きになってもらう為にも、一番自分が楽しくお茶が大好きでいたい。

普洱茶飲み比べ

1999年餅茶(生)喉ごし軽く甘い 2煎、3煎もすっきり甘い
古いから良いと言うものではない
1997年散茶(熟)水色少し紅っぽい 2煎目茶色(紅茶のような水色)
1997年磚茶(生)1999年緑茶の甘み残っているがこれは残っていない 餅茶より磚茶の方が固い 甘さは残る
9×14×2(h)
1997年磚茶(熟)普洱茶というイメージの味・香り
9×15×2(h)

黒茶の参考書
『<改訂>微生物発酵茶 中国黒茶のすべて』
呂毅・郭雯飛・駱少君・坂田完三著

『1年365日おいしくて体にいい魔法のお茶プーアール三昧』
井上菜津子著

黒茶の本プーアル茶壷

これは去年のエコ茶会で普洱茶専用茶壷を茶壺天堂の井上菜津子さんに選んで頂きました。
育ってるかな。(*^-^*)

ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければ、コチラをぽちっとクリックお願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村(中国茶・台湾茶)
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪府情報へ
にほんブログ村(大阪情報)
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 枚方情報へ
にほんブログ村(枚方情報)

テーマ : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
ジャンル : 地域情報

コメント

Secret

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
今日の天気は?

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる