プロフィール

茶遊(ちゃゆう)サロン

Author:茶遊(ちゃゆう)サロン
台湾茶・中国茶教室『茶遊サロン』主宰 前田久美子と申します。
中国茶って、おいしくて、健康にも美容にも良くって、身体も心もリフレッシュさせてくれるんです!
中国茶をのんびりゆったりまったりほっこり飲むこの贅沢な癒しのひとときを楽しんでいます。
中国茶を飲みながら茶文化や入れ方,効能,茶器,中国茶芸,歴史,中国文学など一緒にお茶べりしてみませんか。
中国茶教室 、お茶会のお申込み、ワークショップ、セミナーのご案内はプロフィール
今月の中国茶講座のご案内でご紹介しています。
【お問い合わせ】
E-mail
chayusalon@chayu.asia

メールフォーム
お問合せ・お申込み・ご感想をお待ちしています

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
人気の展覧会
ブロとも一覧

台北永康街_長順名茶のスタッフブログ

四季彩

小さなアトリエ
最新トラックバック

凍頂烏龍茶受賞茶 飲み比べ

凍頂烏龍茶 比賽茶 飲み比べ

「農会」は鹿谷郷農會
「社区」は鹿谷郷 永隆 鳳凰 社區

凍頂烏龍茶 比賽茶 飲み比べ

これだけずらずらっと並ぶと
茶葉の沈む姿にまで魅入ってしまいますね。

すべて【中焙煎】ですが
お茶の水色は全体的に橙色。
「農会貳等奬2013春」がやや橙色。
全体の中でこれだけ水色が若干薄い。(比べて見た場合)
同じ【中焙煎】でも「社区頭等奬2014春」の焙煎はやや強いのかも知れないと感じた。(個人的感想です)

「農会貳等奬2013春」は、ライチのような香りがあり
「社区頭等奬2014春」は、キャラメル香のような心地よい香ばしさがあった。
「農会貳等奬2013冬」も、キャラメル香がありさらにコクがありこれは冬茶の特徴なのかな。

「農会參等奬2014春」と「三梅2013春」の球形の大きさを比べると
「三梅2013春」が大きく、「農会參等奬2014春」がやや小さい。(ほとんど変わらない程度の中で)
値段は3割ほど「農会參等奬2014春」の方が高いそうだが、香り、滋味ともこの2種類は比べてわかりやすかった。

茶杯の香りと茶海の香りが違うのもまた面白い。
三煎目を過ぎると、「農会參等奬2014春」と「三梅2013春」の違いがさらに水色、滋味に出てくる。

もちろんどちらも美味しいのには違いはないが
同時に飲み比べた結果どちらかと言うなら、「農会參等奬2014春」の方が好きだ。

「合作特等2013冬」は飲まなかったので、
飲んだ全体の中では「農会貳等奬2013冬」が一番印象に残った。
すべて美味しい。
けれど、その中で「コク」がはっきりと感じたのは「農会貳等奬2013冬」でした。
お茶好きの茶遊サロンの感想でした。(*^-^*)/

ご訪問ありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければ、コチラをぽちっとクリックお願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村(中国茶・台湾茶)
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪府情報へ
にほんブログ村(大阪情報)
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 枚方情報へ
にほんブログ村(枚方情報)

テーマ : 紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
今日の天気は?

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる