プロフィール

茶遊(ちゃゆう)サロン

Author:茶遊(ちゃゆう)サロン
台湾茶・中国茶教室『茶遊サロン』主宰 前田久美子と申します。
中国茶って、おいしくて、健康にも美容にも良くって、身体も心もリフレッシュさせてくれるんです!
中国茶をのんびりゆったりまったりほっこり飲むこの贅沢な癒しのひとときを楽しんでいます。
中国茶を飲みながら茶文化や入れ方,効能,茶器,中国茶芸,歴史,中国文学など一緒にお茶べりしてみませんか。
中国茶教室 、お茶会のお申込み、ワークショップ、セミナーのご案内はプロフィール
今月の中国茶講座のご案内でご紹介しています。
【お問い合わせ】
E-mail
chayusalon@chayu.asia

メールフォーム
お問合せ・お申込み・ご感想をお待ちしています

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
人気の展覧会
ブロとも一覧
最新トラックバック

春節&中国茶藝披露 中国茶の入れ方、効能、お薦めの茶器は?

恒例の中日言語学院の新年会が本日行われました。

今年は1月25日が大晦日、1月26日が春節でした。
この週は、中国人の方が中国へ帰られる方が多いので、いつも春節をはずして新年会が行われます。
本日は30名程の参加者で大変楽しい新年会が催されました。

まず最初は参加者皆さんで一緒に餃子作り。
校長先生のお姉さまが餃子作りの達人で、いろいろとご指導してもらえます。
みんなで作るとあっと言う間にたくさんの餃子ができあがります。
中に入れる具は、前の晩に作って一晩寝かせるとおいしいそうで、すでに準備されていました。

餃子の皮作り 水餃子 水餃子
餃子の皮作り開始!   棒状に伸ばして回しながらカット!丸めてから伸ばしていきます。
真ん中は少し厚めに回りは薄く伸ばします。

水餃子 水餃子 校長先生
「このくらいの具の量で…」 みるみるうちに出来上がっていきます。
出来上がると、校長先生がタップリのお湯で湯がいていきます。

新年快楽!乾杯!
校長先生の音頭で「新年快楽!乾杯!」新年会のはじまり、はじまり。

中日言語学院の新年会の楽しみは、餃子をみんなでわいわい言いながら作ること。
そして、日ごろ中国語を教えていらっしゃる先生方が、実は料理の達人なんですね。
次から次とお料理が出てくるのですが、本当においしいんです。
で、私は作っているところへお邪魔しに行きましたが、なんと簡易ガスコンロで作ってるんです。
なのに、プロの中華料理屋さんみたいに上手なんです。
おいしいお料理で話もはずみます。

お腹もいっぱいになったところで、中国茶藝のはじまり、はじまり。
今回のお茶は「岩茶」にしました。
「岩茶」って、人気あるんですね。
スタッフの方に「今日のお茶は何ですか?」って聞かれて、「岩茶です。」とお答えしたら、
「きゃ~」って言うくらい喜んでもらえて嬉しかったです。
私も大好きです。

中国茶のご紹介 中国茶藝 初めての中国茶

岩茶の紹介を軽くするつもりが、ついつい悠久の中国へワープしてしまって、目の前に三十六峰九十九岩の武夷山が・・・。
ひとつひとつの岩にはそれぞれ名前が付いていて、その岩肌に岩茶があり、早朝の光をあび、霧をあび、岩から流れる水を吸収して、まわりに咲く蘭の花の香りを吸い込み、岩の養分をいっぱい詰め込んで、それがそれが「この岩茶!」なんです。
そして、そして、甘味、苦味、渋味が絶妙に調和して、「岩韵」をかもし出すのです。

朱子学の朱熹の書物にも多く出てくる、多くの病を治したと言うこれが、「鉄羅漢」です。
「幻の岩茶」大紅袍の名を継ぐ香り味ともに深いこれが、「小紅袍」です。

そして、岩茶と言えば左能典代さんの『岩茶のちから』。
これを読めば、もうあなたも今から岩茶のとりこになりますよ~

岩茶を飲むとお茶に酔います。
お酒を飲まれる方はわかると思いますが、お酒を飲んだ時のように身体がほこほこになってほろ酔い気分になります。

私は岩茶を飲むとこの詩の境地になります。
廬仝の汉诗≪走筆谢孟谏议惠寄新茶≫です。
一杯目を飲むと、まず喉と口を潤し、
二杯目を飲むと、寂しさを和らげてくれた。
三杯目を飲むと、萎んだ詩情が蘇り、文字が五〇〇〇巻も湧いた。
四杯目を飲むと、軽く汗が出て、平生の不満不平はすべて流されてしまう。
五杯目を飲むと、体が清められ、
六杯目を飲むと、神仙の御霊に通じた。
七杯目は、飲んではならぬ、もう両脇を吹き抜けていく風を感じた。

身体の中の悪いものがどんどん出て、岩茶のいい成分が身体に吸収していくのを感じます。
お茶を飲まれた皆さんも「仙人になったわ。」とか言いながら飲んでらっしゃいました。(^v^)

私はいつもお茶をこの世に持って来たのはきっと神様か仙人じゃないかと思うんです。
伝説の時代に私達にそっとプレゼントしてくれた贈り物だと。

初めて中国茶を淹れる(いれる)という方がいらしたので、「おいしい岩茶の淹れ方(いれかた)」をチャレンジされました。
「おいしい。」って、言ってもらうと本当に嬉しいです。

いつもながら、茶藝やお茶のお話をする時は、いちばん楽しんでいるのは実は私で~す。

どうもありがとうございました。

テーマ : 紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー
ジャンル : グルメ

コメント

Secret

No title

すごい大盛況ですね!
私もなんだかワクワクしながら読ませていただきました。

茶芸の衣装もステキ♪

私も餃子作ったことあります。
みんなでワイワイできて楽しいですね。


Re: No title

michikoちゃん、コメントありがとう♪

> すごい大盛況ですね!
> 私もなんだかワクワクしながら読ませていただきました。

毎回、たくさんの方と出会えて、ほんと楽しいですよ。
餃子を作りながらおしゃべりもはずみます。

> 茶芸の衣装もステキ♪

ありがとうございます。
茶芸も今年で3回目ですが、中国茶のコーナーを楽しみにしてくださっているとお聞きして本当にうれしいです。
毎年、「今年は何茶にしようかな?」って、考えるのも楽しみ~

> 私も餃子作ったことあります。
> みんなでワイワイできて楽しいですね。

餃子はみんなで作るのが楽しいですね。
今回は水餃子のタレの香醋が、いつもの香醋と手作り香醋があったんです。
それがまたすごくおいしかったんです。
作った方にお聞きすると、ただ、香醋ににんにくをつけただけなんだそうですよ。
ひと手間かけるってことでしょうか。(^v^)

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
今日の天気は?

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる