プロフィール

茶遊(ちゃゆう)サロン

Author:茶遊(ちゃゆう)サロン
台湾茶・中国茶教室『茶遊サロン』主宰 前田久美子と申します。
中国茶って、おいしくて、健康にも美容にも良くって、身体も心もリフレッシュさせてくれるんです!
中国茶をのんびりゆったりまったりほっこり飲むこの贅沢な癒しのひとときを楽しんでいます。
中国茶を飲みながら茶文化や入れ方,効能,茶器,中国茶芸,歴史,中国文学など一緒にお茶べりしてみませんか。
中国茶教室 、お茶会のお申込み、ワークショップ、セミナーのご案内はプロフィール
今月の中国茶講座のご案内でご紹介しています。
【お問い合わせ】
E-mail
chayusalon@chayu.asia

メールフォーム
お問合せ・お申込み・ご感想をお待ちしています

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
人気の展覧会
ブロとも一覧
最新トラックバック

中国茶藝師 『茶遊サロン』 8月のご報告とお知らせ 中日言語学院

~お茶の旅人 中国茶藝師 『茶遊サロン』 のご報告とお知らせ~
8月の中日言語学院
『茶遊サロン 中国茶を楽しむ講座』 のご報告


8月はいつもの第2土曜のお茶会の日に、
武夷山(ぶいさん)旅行に行くことになったので
本日の第5土曜になりました。

武夷山旅行と言っても
ただの武夷山旅行ではなくて
『岩茶のちから』著者、
左能 典代(さのふみよ)さんと行った武夷山旅行だったんです。

『岩茶のちから-中国茶はゴマンとあるが、なぜ岩茶か?』
『岩茶のちから』

思い起こせば、私が初めて京都の「岩茶房」をたずねたのは、
2年前の8月29日でした。

左能 典代さんの『岩茶のちから』を読んで、
もう言葉にあらわせない感動に包まれて

「左能さんに会いた~い!」って思いで、ぶっ飛んで行ったのです。
ところが、京都のお店の方には、月に一度くらいしか来られないとわかって
次回にお見えになる時を聞いて又行ったのです。

第一印象は、「おっとこまえ!!!」
左能先生は、女性ですよ。
でも女が惚れる男前の性格の素敵な女性なんです。

読んで読んで読み倒した私の岩茶のバイブル書が
『岩茶のちから-中国茶はゴマンとあるが、なぜ岩茶か?』なんです。

だから私のまわり
私があつくあつくこの本を語るので
語った翌日には買って読んでますね。
感動の輪です。

それから、岩茶をお作りになっている 劉宝順さん にも会いたい!って思いました。
それが、今年の夏にやっと実現したのです。

もう感動、感動の武夷山旅行でした。

そしていろんな人とのご縁も強く感じた旅でした。

それから福州の店先で 『張天福的武夷茶縁』 (張天福さんの武夷茶縁)と言う本を買ったんです。
買ってから、劉宝順さんのいらっしゃる幔亭岩茶研究所に行きました。

幔亭岩茶研究所 に行くと、なんと張天福さんの書がたくさんあり驚きました。
ほんとに偶然買った本なんです。
ただ見た瞬間「ほしい!」ってすごく思った本ですけど。

日本に帰って来てから、『張天福的武夷茶縁』を読んだのですが
なんとなんと幔亭岩茶の説明の中で、
左能先生のことが書かれているではありませんか。
「20年前日本の女作家左能典代武夷山の武夷岩茶に魅せられて・・・」とあり、
2007年8月6日の使節団、岩茶房20周年の活動のことやら、
幔亭岩茶研究所長劉宝順さんが、
張天福先生の書いた「岩茶縁、幔亭情」の条幅を
左能典代さんに差し上げたことなどが載っていました。

ということで、
本日のお茶会もあつくあつく武夷山の仙人の話から始まるのでした。

岩茶の四大名欉言えば、
大紅袍、水金亀、白鶏冠、鉄羅漢 ですね。

そして岩茶の王様と言えば、大紅袍。
贅沢にも今年のできたての大紅袍
去年の大紅袍を飲み比べることにしました。
顔の筋肉ゆるむわぁo(*^▽^*)o~ ♪

武夷山で撮ってきた写真を見ながら、
ここが茶王「大紅袍」の岩で、ここに古木が3本残っているんですよ。
「ほらほら、これこれ。」

大紅袍

ほんまにあんなところにお茶の木を最初に植えはった人は絶対仙人やわ。
絶対そうやわ。
そう、お茶をこの世に持って来たのはきっと神様か仙人。

伝説の時代に私達にそっとそっとプレゼントしてくれたんですよね。
きっと。

お茶会の準備完了!         さてさて、もう岩茶に酔う準備OKかな(^_-)-☆
8月の中日言語学院 『茶遊サロン 中国茶を楽しむ講座』 8月の中日言語学院 『茶遊サロン 中国茶を楽しむ講座』

大紅袍は、聞香杯と茶杯で、いただきましょう。
今回初めてお茶会に参加された方が、
岩茶は初めて飲まれたそうで、中国茶の奥の深さを実感されたようでしたよ。

途中から服を脱ぎだして、「暑いな、暑いな。」って。
岩茶ですから。(^v^)
汗が吹き出してきて、だんだん饒舌になって、
ほらほら酔っ払ってきたぁ!
みんなで温かく見守っておりました(^_-)-☆

相当酔いがまわってきたのか、
「先生の腕はきれいなのは中国茶のせい?」
「腕は!?」
「は?」
「そこは 「は」ではなくて、也(ye)腕も!でしょ。」(爆)
みんな大爆笑です。
「腕もきれいなのは、中国茶のせいです!」o(^▽^)o(と、言うことで…)
さらに大爆笑でした。

8月の中日言語学院 『茶遊サロン 中国茶を楽しむ講座』 8月の中日言語学院 『茶遊サロン 中国茶を楽しむ講座』

そして、お次は極品肉桂
蓋碗でいただきます。
今日は、蓋碗の種類をすべて変えてみました。
どれで飲みますか?(*^―^)人(^―^*)

8月の中日言語学院 『茶遊サロン 中国茶を楽しむ講座』 8月の中日言語学院 『茶遊サロン 中国茶を楽しむ講座』

蓋碗で飲んでると結構たっぷり飲めますよね。
で、7煎目くらい余裕で行きますよね。
1煎目、2煎目、3煎目、1煎目ごとに味も香りも変わるんですよね。
「あぁ~、おいしい。」って、言いながら何倍も飲めてしまう。
中国茶ってホントに不思議。

今日も良く笑い、楽しくお茶べりしましたね。
次回も楽しくお茶の旅人と茶遊しましょう。武夷(*^^)v

9月の中日言語学院
『茶遊サロン 中国茶を楽しむ講座』 のお知らせ


日 時 9月12日(土) 午後15時半~16時半
場 所 中日言語学院 文化サロン(定員10名様)先着順

講師の紹介
『茶遊サロン 中国茶を楽しむ講座』
『茶遊サロン 中国茶ムリエコース』
講師:茶遊サロン 専任講師・博物館学芸員
中国政府公認茶藝師 前田 久美子
Blog:『卓上の雑技団-TEACHA-中国茶藝師』
http://chayusalon.blog67.fc2.com/
Mail:chayusalon@chayu.asia 携帯:090-1485-5233

【お申し込み、お問い合わせ】
 中日言語学院
TEL:06-6358-2828 FAX:06-6358-9988
MAIL:chunichi@cjls.co.jp

テーマ : 紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー
ジャンル : グルメ

中国茶 『茶遊サロン』 枚方教室 9月29日(火)午前の部追加しました

~お茶の旅人 中国茶藝師 『茶遊サロン』 のお知らせ~
9月29日(火)、「 a new sprout 」に
 中国茶サロン誕生!!


『茶遊サロン』 中国茶を楽しむ講座
私の地元の枚方市で、9月から開講致します。

枚方教室は、午後14時~15時の午後コースだけだったのですが
午前のご希望もいただき、午前コースもすることに致しました。

定員はどちらも8名様です。

現在、
午後コース 14時~15時   8名様ご予約頂いております。(満席になりました)<(_ _)>
午前コース 10時半~11時半 6名様ご予約頂いております。(残席2名様)

ご予約受け付け・お問い合わせ
「 a new sprout 」まで
お電話かメールでお待ちしております。
TEL:072-846-9550 (木曜~土曜)
MAIL:a-new-sprout@cside.com (24時間受付)


お茶会は、毎月しておりますが、
連続参加しないといけないお茶会ではありませ~ん。
なので、お好きな時に、第3火曜日(10月以降~)が空いてたら、
ほっこりしに来て下さいませ。
まわりにはおしゃれで可愛い素敵なお店がたくさんあります。
お茶会の後は、枚方宿街道をぶらぶら散策も楽しいですよ♪

枚方で中国茶を楽しみたいなって思った時、
「a new sprout」の『茶遊サロン』を楽しみにしてもらえるといいなって思います。
これからも皆様のご都合やご意見を参考にして
ずっと楽しみにしてもらえるお茶会をしていきたいと思います。

10月以降の予定は、
毎月第3火曜です。
10月20日(火)午後コース 14時~15時 (状況に応じて、午前も追加開講予定です。)
11月17日(火)午後コース 14時~15時 (状況に応じて、午前も追加開講予定です。)
12月15日(火)午後コース 14時~15時 (状況に応じて、午前も追加開講予定です。)

どうぞよろしくお願いいたします。<(_ _)>

テーマ : 日記
ジャンル : ブログ

ちっちゃな茶藝師!カンフー君(^_-)-☆来了!堺市アミナス北野田

~お茶の旅人 中国茶藝師 『茶遊サロン』 のご報告
8月の堺市 アミナス北野田
『茶遊サロン 中国茶を楽しむ講座』
は、
平成21年8月23日(日)午後14時~15時半
ちっちゃな茶藝師!カンフー君と一緒に楽しくお茶会を開催しました。

ちっちゃな茶藝師!さん、今日はチャイナ服でバッチリ決めてます。
ちっちゃな茶藝師!さんのお茶会の始まり、始まり~(*^―^)人(^―^*)
ちっちゃな茶藝師!カンフー君 ちっちゃな茶藝師!さんのお茶会の始まり

ちっちゃな茶藝師!さんのお点前見てね。

茶壷は90度立ててしっかりお茶を入れます。
蓋碗が大好きなので、蓋碗に入れます。     最後の一滴までしっかり淹れてます。
ちっちゃな茶藝師!さんのお点前 蓋碗に入れます。 ちっちゃな茶藝師!さんのお点前 最後の一滴までしっかり

飲んでもいいかな?                「いっただきま~す。」
ちっちゃな茶藝師!さんのお点前 のんでもいいかな? ちっちゃな茶藝師!さんのお点前 いただきます

「ぐびぐびぐびぐび。」              「あぁ、おいしい~。もう一杯!」
ちっちゃな茶藝師!さんのお点前 ぐびぐびぐびぐび ちっちゃな茶藝師!さんのお点前 おかわり

「おかわり!」     最後の一滴まで淹れてね。最後の一滴がまた格別なのだ。
ちっちゃな茶藝師!さんのお点前 ちっちゃな茶藝師!さんのお点前 最後の一滴が大事

片手で入れる時は、蓋をしっかり押さえてね。 もちろん最後の一滴までしっかり淹れてね。
ちっちゃな茶藝師!さんのお点前 片手の時は蓋をしっかりね ちっちゃな茶藝師!さんのお点前 おいしい最後の一滴です

ちっちゃな茶藝師先生は、小さい茶杯に茶壷の蓋を乗せて飲み始めました。
「ちっちゃな茶藝師先生、それはなんという飲み方ですか?」
「形にこだわるでない!
ぼくのちゅきな(好きな)蓋碗スタイルなのだ。   ほら見てあの蓋碗と同じでしょ」   

ちっちゃな茶藝師!さんのお点前 新しい蓋碗の飲み方 ちっちゃな茶藝師!さんのお点前 新しい蓋碗の飲み方

「ごちそうさまでした。♪o(^-^)o♪」    「ぼくの講義はこれでおわりまちゅ。ご質問は?」
ちっちゃな茶藝師!さんのお点前 ごちそうさま ちっちゃな茶藝師!さんのお点前 講義終了

ちっちゃな茶藝師先生の講義はいかがでしたか?
私クミティからもひとこと。
先日の大阪商工会議所のセミナーに参加されたNさんが、セミナーを聞いてて「今日からクミティと呼ぼう。」っておっしゃったのです。
クミコとティーチャーをかけて、クミティだそうです。
なので、Nさんが参加された時は、名前負けしそうな可愛い名前ですがクミティで行きましょうか。

中国茶(岩茶)大紅袍と極品肉桂+茶文化講座

茶文化講座は

●中国茶の起源と歴史や飲み方の移り変わりについて飲み方の変遷を見ると、
映画レッドクリフは突っ込みどころが多くて楽しめますね。

●岩茶とは
●伝説の仙人
●武夷岩茶【福建省武夷山市】

四大名欉(大紅袍、水金亀、白鶏冠、鉄羅漢)の中から大紅袍と武夷岩茶の中でも人気を誇る肉桂を茶遊します。
時間に余裕が出たので、安渓鉄観音も飲みました。
●安渓鉄観音【福建省安渓県】
中国茶(岩茶)大紅袍と極品肉桂+茶文化講座  騰波鼓浪 中国茶(岩茶)大紅袍と極品肉桂+茶文化講座 

今日は、皆さんも工夫茶で淹れてみましょう。
ちっちゃな茶藝師!先生が淹れてたように、最後の一滴まで大切に淹れましょうね。
中国茶(岩茶)大紅袍と極品肉桂+茶文化講座  中国茶(岩茶)大紅袍と極品肉桂+茶文化講座 

期間限定で始めた堺市のアミナス北野田での『茶遊サロン』は、
本日で一時終了とさせていただくことになりました。
お世話になりました関係者の皆様方、本当にありがとうございました。<(_ _)>

今後は、京橋の中日言語学院と枚方市のa new sproutさん(営業日)の各文化サロンを基盤に『茶遊サロン』の中国茶講座を開催させていただきます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。<(_ _)>

テーマ : 紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー
ジャンル : グルメ

大阪商工会議所 「輝く女性会」中国茶セミナーのご報告

大阪商工会議所 「輝く女性会」中国茶セミナーのご報告

日  時: 平成21年 8月19日(水)18:30 ~20:30
場  所: 大阪商工会議所 大正・浪速・西成支部 会議室
     大阪市浪速区湊町1-4-38近鉄新難波ビル11階
内  容: 1.「趣味の世界から夢の実現へ!」
         ~茶遊サロン実現への軌跡~
      2.中国茶のこれからの可能性
        「茶遊サロン」に於ける事業展開
      3.中国茶の試飲会
        3種類の中国茶を試飲

ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。<(_ _)>

去年開催したセミナーでは、第一部と第二部に分けました。

第一部は、講演会
『女性客の心をつかむ中国茶の魅力』
 今ブームになっている中国茶、その商品としての魅力について

さらに、中国茶の基礎知識(老化防止と美肌への効用、日本のお茶との違い・接点 など)や、おいしい中国茶の選びかた、保存方法、淹れ方 茶器・茶葉の選びかた などをお話しして
第二部では、中国茶藝を披露して、皆さんに中国茶の試飲をしてもらいました。

今回は事業者、開業を目指す方など、男性の方も参加されるとのことでしたので
4千年の歴史を持つといわれる中国茶の魅力を趣味の世界から事業実現していったその軌跡などをお話しさせていただくことにしました。

中国茶には、薬効として、また、嗜好品としての商品など数々の種類があり、それを楽しむための茶器なども多く考案されております。
また、最近は健康への関心の高まりからわが国でも女性を中心に人気が高まっています。
その中国茶の商品の魅力について、歴史、茶文化、など幅広く学びたいというきっかけになればとても嬉しいです。

本日のお茶の試飲は、3種類です。
1、武夷岩茶極品肉桂(烏龍茶)
2、明前 碧螺春(緑茶)
3、鳳凰単欉蜜蘭香(烏龍茶)

大阪商工会議所 「輝く女性会」セミナー

『茶遊サロン』のオリジナル茶器完成しました。
あと一点、青磁のがただいま制作中です。
これから、蓋碗なども順次制作予定です。
ひとつひとつ手作りです。
だから、同じものがありません。
お時間がかかります。
でもね、その分楽しさが増します♪

9月末以降のお茶会は、これでぐびっと行きましょうね。♪(*^^)v

大阪商工会議所 「輝く女性会」セミナー 『茶遊サロン』オリジナル茶器

武夷岩茶極品肉桂(烏龍茶)
武夷岩茶極品肉桂(烏龍茶)

明前 碧螺春(緑茶)
明前 碧螺春(緑茶)

鳳凰単欉蜜蘭香(烏龍茶)
鳳凰単欉蜜蘭香(烏龍茶)

「大阪商工会議所 輝く女性会」セミナー 大阪商工会議所 「輝く女性会」セミナー

セミナー後のアンケートを拝見いたしますと、
たくさん本当にたくさん書いて頂いており、嬉しかったです。
役立つように頑張ります。
どうもありがとうございました。

これからも
『茶遊サロン』のコンセプト
・「中国茶文化を広めること」
・「おうちでおいしい中国茶を楽しむこと」
・「たくさんの茶ムリエ仲間をつくること」

に基づく教育事業の展開を目指します。

そしてどんどんみんなで羽ばたけたらいいなって思います。

テーマ : 日記
ジャンル : ブログ

世界自然遺産 中国 福建省 武夷山へ行って来ました\(^o^)/

憧れの世界自然遺産 中国 福建省 武夷山へ行って来ました。
大好きな岩茶の故郷です。
数々の伝説が語り継がれています。
それはそれは、桃源郷の世界です。

世界自然遺産 武夷山

武夷山には、仙人が住んでます。
峰から峰へと、すいすいっと飛んで、私たちを見降ろしています。

武夷山を眺めていると、くるくると空模様が変わります。
青空が見えていたかと思うと、曇ってきて、霧のような雨が降って来たかと思うと、
今度はまた青空が出てきました。

これはきっと仙人の仕業かな。♪o(^-^)o♪

世界自然遺産 武夷山

九曲渓から眺めた玉女峰です。

世界自然遺産 武夷山 玉女峰

世界自然遺産 武夷山 水簾 世界自然遺産 武夷山 水簾

鷹嘴岩
世界自然遺産 武夷山 鷹嘴岩

「大紅袍」3本の茶樹。
思わず合掌してしまいましたね。
世界自然遺産 武夷山 大紅袍

感動、感動の武夷山旅行。

「山」に感動し、大自然の「気」に感動し、「人」に感動しました。
そして、
「山」に感謝し、大自然の「気」に感謝し、「人」に感謝した旅行でした。

なんだか生まれ変わったような気持ちです。

自分の心の中が見えてきて
心が洗われて
神聖な気持ちに浸ることができました。

テーマ : 日記
ジャンル : ブログ

美のカリスマ 西太后に会って来ました\(^o^)/

本日、8月2日(日)
咲くやこの花館で、成瀬老師
「西太后の美と長寿の秘密~花のチカラ~」の講座があったので行って来ました。

定員が70名とのことですが、早くに満席状態。
老師からは、今年の初め頃に講座の開催の話を聞いていたので
この日を指折り数えて待っておりました。

友人達と早めに鶴見緑地に到着して
ゆっくりランチして会場へ行くことに。

選んだお店は、
PARADORES(カフェレストラン・パラドール)

日替わりランチセットと日替わりパスタセットがあって
私は、日替わりパスタセットにしました。

前菜とパスタとデザートがついて980円。
すご~~~い。
ドリンクは、ランチを頼むと半額くらいになります。

PARADORES パスタセット 前菜 PARADORES パスタセット 日替わりパスタ

デザートは、3種類の中から選べます。
私は、迷わずロールケーキ。
甘ったるくなくて、ほどよい甘さです。うまっ!しばらくすると、またおまけがでてきました。
PARADORES パスタセット デザート PARADORES パスタセット デザート おまけ

クーポンを持って行ったので、ドリンク無料!
ほな、一番高いドリンクたのんだ方が良かったかも~(^_-)-☆

ご機嫌でいざ、咲くやこの花館へ

受付で入館チケットを渡すと
受付嬢から
「西太后ですか?」と聞かれ
「はい。」と答えた私。

友人達と西太后に見えたんやろか?(^▽^;)ゞ

会場へ行くと、なつかしい顔が・・・
あっちにもこっちにも。
「好久不见!」(お久しぶりです。)

「西太后の美と長寿の秘密~花のチカラ~」
はじまり、はじまり~

西太后の好きな色のチャイナドレスで登場です。
「8月2日、成瀬千枝子が西太后を鶴見緑地・咲くやこの花館によみがえらせます。」と
おっしゃっていたので、西太后が来たのかと思いましたよ。(^_-)-☆

「中国最後の王朝、清朝の末期、
絶大な権力を背景に
古くから伝わる中国養生法の叡智を下敷きとして
オリジナルの美容健康法を編み出した西太后。
飲む、食べる、塗る、香る、観る、身につける・・・
花のチカラを大いに活用した西太后の美と長寿の秘密をご紹介します。」

チカラ入ってます!

世間では鬼のようなイメージのゴシップの女王の西太后ですが、
私は2年ほど前から西太后に対してのイメージは変わってきています。

成瀬老師の西太后の前回の講座に参加したことと、
高島屋の『北京故宮博物院展』
女帝西太后と宣統帝の二人にスポットを当てた展示会を見たことと、
浅田次郎氏の『蒼穹の昴』によって大きく変わりました。

今では愛おしいとさえ思っています。
孤独を直隠しし、慈愛に満ち満ちて、聡明で可愛いらしい人。

西太后没後100年。
100年も前から現在の美容の先進を行ってたなんてすごいですね。

とにかく美と健康に良いというものは、食べて飲んでやっていた。

「女性がおしゃれを楽しまなかったら、何の生きがいがあるというのでしょう。」
誰の為でもなく自分自身の為に!

休憩中に西太后が好きだったという「菊花茶」を頂きました。
お湯のお代りを入れてもらって、
さらに、「綾鷹 上煎茶」で割って
合計で3杯も飲みました。

西太后の愛した菊花茶の中には
菊や陳皮(チンピ)やなつめやクコ(枸杞)の実、
それでこのぷよぷよしたの何かと思ったらパンダアハイ(胖大海)でした。

そして、飲んだあとのお花はお持ち帰り。
菊花茶
家に帰ってから、西太后のまねをして(*^_^*)
洗足用の薬湯にしてみました。
気分はすっかり西太后。♪o(^-^)o♪

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
今日の天気は?

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる